凛音とうか 僕は凛音さんと二人きりで夜を過ごす事になって…。



仕事に行かなくなって2週間、憧れの女上司である凛音さんが僕を心配して毎日決まった時間に訪ねてくれた。さすがに来ないと思っていた台風直撃の今日も、凛音さんはやって来た。ドアを開けると、傘が壊れてビショビショに濡れた凛音さんが立っていた。「やっぱり家にいたんだね?心配したんだよ…。」ひとまずは家に上げたものの雨風は次第に激しさを増して電車が止まり、僕は凛音さんと二人きりで夜を過ごす事になって…。
職業色々 人妻 寝取り・寝取られ 巨乳 単体作品 デジモ 独占配信 ハイビジョン 熟女