冬愛ことね 何も知らないことね…もちろんセックスということもよく分からず



実の父親から「この住所のおじさんの家に行ってきなさい、そしておじさんの言う通りにしてきなさい」と理由も聞かされずに不安気にやってきたことね。加齢臭を漂わせる男は、先日居酒屋でことねの父親に金を渡し、ことねを買ったのだった。何も知らないことね…もちろんセックスということもよく分からず、ただただ男の欲望のままにその小さなカラダを貢ぎ奉仕するのだった…。
単体作品 ハイビジョン 体操着・ブルマ フェラ 電マ ローター スレンダー