「ご主人様の言うことは絶対でしょ?」 「…はい…❤」